漆芸・木工芸

漆を木や紙などに塗り重ねて作る工芸品である、漆器の他、轆轤ろくろで挽いて作った木器や細工品の挽(ひ)き物。
刀や鑿(のみ)などを用い、木片をくりぬいて作った刳(く)り物。
檜・杉などの薄い板を円筒形に曲げ、桜や樺の皮でとじ合わせ、底をつけて作った曲げ物などの作品を紹介。