彫金鍛金

彫金は本来金属の表面に鏨という工具で文様等を彫り施したものでジュエリーなどの作品も多い。
鍛金は金属板や、棒などを金槌で打ち延べて加工し、模様をつけたり形を造る技法。
そのほか、型の中に高温で溶けた金属を流し込んで形を造る鋳金という技法もある。