ikeda terumasa

池田 晃将

漆芸・木工芸

Message

日本の漆芸、ひいては工芸が持つ技術や完成度に、同時代の文脈をのせることを課題にしています。
緻密さや精度を纏わせることで、何らかの意図や用途を示唆する立体物を制作しています。

自身の表現はもちろんのこと、現代においての工芸の役割を常に考えて仕事をしています。

近年では主に百貨店や国内外のアートフェア等で展開しています。

History

1987年
千葉県出身
2014年3月
金沢美術工芸大学 卒業
2016年3月
金沢美術工芸大学 大学院修了
現在
金沢卯辰山工芸工房 研修員

Career

2015,16年6月
池田晃将漆展 伊勢丹新宿本店ウエストパーク 東京
2014年3月
池田晃将漆展ー極小の装飾ーcafe&gallery Musee 金沢