tokuda akemi

徳田 明美

陶芸

Message

制作・造形は内的動機によって突き動かされ、芸術という世界に精神を泳がせる行為であるから喜びに満ちている。大きな、そして無限に広がる自然からインスピレーションを受けて創作活動している。モチーフは対象と自分の関係の中で生まれる。光、風、大地、空、星座
宇宙、エナジーなど見えない世界を形に創作する。線、点、色、塊、重力、素材、言葉、謎のイメージ、ひらめきを大切にしている。素材を手元に手繰り寄せて動的に創作するときと静的に饒舌にならない創作と錯綜しながら自分の中の矛盾もそのまま創作に反映するようにしている。飾らず自分に正直にありのまま創作している。

大地と空は重力を垂直線で表す。雲が流れ、風が舞う。光は乱舞し、その線は空間を自由に滑空、飛翔する頭の中の風景を造形化している。

History

1955年
小松市に生まれる
1978年
金沢美術工芸大学産業美術学科工芸デザイン鋳金卒業
1980年
森造形センター退社
1983年
松本佐一陶芸工房終了
1986年
東文吉窯(能美市)終了
1986年
アトリエに窯を持ち独立
1990年〜現在
金城大学短期大学部美術学科工芸(陶芸)非常勤講師

Career

1984年
金沢市工芸展 奨励賞
1985年
朝日陶芸展 入選
中日国際陶芸展 入選
1987年
北陸中日女流美術展)優秀賞
1990年
女流陶芸展 毎日新聞社賞
1991年
九谷焼デザインコンクール 奨励賞
1993年
新潟市美術館市民ホール「徳田明美展」
朝日現代クラフト展 入選
国際色絵陶芸磁器展 入選
世界工芸コンペティション・金沢展 入選
1999年
吉野谷村美術工芸フェスタコンクール 次賞
エスト展(石川県立美術館)
出石次期トリエンナーレ 入選
織部展 入選
2004年
アルテ・デ・カナザワ グループ展(メキシコベラクルス州ハラパ市)
2008年
メキシコ日本友愛彫刻コンクール展(メキシコメリダ市) 入選
メリダ市美術館(野外)に10カ月展示
2014年
「純米酒やましろ」を飲む器コンクール 入選
2016年
「徳田明美展」 文化交流サロン 鶉荘
(白山吉野地域振興協議会)
その他、個展・クループ展多数


徳田明美の作品